スポンサーリンク

あきらあきら

アマゾンって何でも売っていて、すぐに配送してくれるし便利だね。

なななな

そうね。私もアマゾンはよく利用するわ。

ゴリFPゴリFP

アマゾンは買い物だけでなく、そこで商品を販売する人にも便利な仕組みがあるんだよ。

なななな

そうなの?じゃぁ、私たちでも副業ができるかしら。

あきらあきら

うん。アマゾンでビジネスができるなんてすごい!

ゴリFPゴリFP

そんなに大げさなものではないよ。仕組みを知れば簡単にビジネスが始められるんだよ。今回は海外のもの輸入してアマゾンで販売するという「アマゾン輸入」について説明するね。輸入だけでなく国内のものを販売する場合でも応用できるので、しっかりと理解してね。

インターネットでお小遣い稼ぎをする人が増えている

pc

インターネットを使ってお小遣い稼ぎをする主婦やサラリーマンが増えています。

お小遣い稼ぎの方法として知られているのが、ブログやサイトを作りに広告を張ってそこから得る広告収入や、アンケート回答、ゲームをしてポイント貯める方法など色々ありますが、アマゾン輸入もその一つです。

でも、アマゾンで販売をするなんて、「一般の人には難しいのでは」、「本当に稼ぐことができるの?」、「何から手をつければいいの?」などと考えてしまうでしょう。

スポンサーリンク

アマゾン輸入とは

warehouse2

音楽CDを始め本や高級ブランドさらには雑貨を扱うアマゾン。日本国内でも多くの人が利用しています。

アマゾン輸入とは、アメリカ、イギリス、イタリア、カナダ、さらには中国といった海外から価格差のある(安い)商品を仕入れ日本国内向けに転売して稼ぐ方法のことです。

通常、モノを売る場合、仕入れ、広告、発送など、多くの手間や資金が必要となります。

アマゾン輸入については・・・

  • 限られた資金の中で始めることができる
  • 手間を省くことのできる仕組みが用意されている

つまり、誰でも始められる上に、パソコン1台あれば作業が完結するのです。

また、海外のものを販売することについても利点があります。

一般的に買い物をするときに海外での販売価格などを調べる人はあまりいません。なぜなら、販売価格がわかったところで、日本語以外での手続きが必要になるため、安かったとしてもハードルが高く、手を出しづらいのです。

アマゾン輸入はそういった部分を代行してあげるビジネスとも言えます。

そのため、商品自体の価格差を十分にとったとしても販売する商品を間違えなければ、利益を確保していくことができるのです。

アマゾン輸入の市場規模、今後の需要

world

現代はモノが溢れ、どの商品も「飽和」状態となっています。

日本国内の商品販売を見ても100円均一や量販店などのお店ばかりが目立つ中、海外ブランドの家具や雑貨は人気が落ちることはありません。

それは、インターネットの普及により、今まで知ることができなかった海外の情報がいつでも手に入り、商品の素晴らしさとともに、こだわりを自身に重ねている人が多くなっているからです。

北欧家具を例にすると、家具細部にわたりこだわりを持ち歴史を感じさせてくれます。購入した人は、まるで北欧に住んでいるかのようなイメージを持つことになるのです。

海外に対する「憧れ」はこれからも続くのではないでしょうか?「安価な商品を大量に購入して消費する。」こんな時代から「こだわりを持った良いものを大事に使う。」こうした変化が明確になってきました。

これからも輸入商品の需要は高まるものと考えることができます。

アマゾン販売の基本

ts_fe038_l

アマゾン輸入と聞くと・・・

  • 英語ができなと始められない
  • 資金がたくさんかかる
  • 仕入れた商品を保管する場所がいる

このように考えて、複雑で難しいと感じている人が少なくありません。ところがアマゾン輸入は意外にもシンプルです。

まずは、アマゾンでビジネスを行う上で重要なFBAについて簡単に説明します。

FBAとは

FBAとはフルフィルメント・バイ・アマゾンの略で販売後の商品の発送をアマゾンが行ってくれるサービスです。

商品はFBAの倉庫に事前に保管し在庫管理をしておきます。

つまり、家の中に在庫を置いておく必要もありませんし、販売したあとに商品を梱包したり発送する手間が全くないのです。

さらには、同一商品がアマゾン内にある場合、最初に表示されることもあり(ショッピングカートの獲得と言います。)、有利に販売を進めることができるのです。

納品代行・転送業者を使う

海外で商品を買った(仕入れ)際に、その商品を納品して日本へ転送しなければなりません。この作業についても代行業者に任せることができます。

こういった手間のかかることは外注することで、私たちはパソコン1台で仕事が可能となるのです。

アマゾン輸入の流れ

ts_fv077_l

アマゾンを利用して海外商品を仕入れて転売する「アマゾン輸入ビジネス」の基本的な流れを見ていきます。

なお、ここでは大まかな流れだけを説明します。詳細な説明は別ページで行うこととします。

  1. セラーの調査、商品リサーチ
  2. 仕入れ・海外の倉庫へ荷物が到着
  3. 海外の倉庫から日本へ転送
  4. 仕入れた荷物の納品・出品
  5. 購入者への商品発送
  6. 自分の口座へ入金

1. セラーの調査、商品リサーチ

「どうやったら海外商品を仕入れることができるのか?」また、「どんな商品に人気があるのか?」。もちろん、実践回数を重ねていくうちにイメージが身についてきます。

ただし、最初は、結果を出している人のやり方をマネする方法が早くて確実でしょう。

アマゾンで輸入商品を扱っている人(セラーと呼びます。)をしらみ潰しに見ていきます。そして、どういう商品がどのくらい売れているのかを自分でまとめていくのです。

「並行輸入品」「日本未発売」などで検索して、すでに輸入販売をしている人を探します。その人の販売しているもの、その人が扱っている商品の中で最も売れているものなどをリスト化していきます。

セラーと商品を調査していくことで、どの国のどういったものが売れるのか、数多く見ていくと次第に感覚がわかってくると思います。

2. 仕入れ・海外の倉庫へ荷物が到着

仕入れは海外のアマゾン、e-bay、その他ネットショップなどから行います。

海外通販で購入する場合、当然、日本語のページではありませんが、アマゾン画面は日本のものと同様ですので迷うことはないでしょう。他のサイトであっても翻訳することで問題なく購入することができるでしょう。

アマゾンで仕入れを行う場合は、FBA(フルフィルメント・バイ・アマゾン)を使用している人かAmazon.comから行うようにします。仕入れた商品は転送業者から一括で日本へ配送してもらうので、アマゾンが配送を行っていれば指定日に配送が可能となります。

3. 海外の倉庫から日本へ転送

海外で仕入れた商品は転送業者から日にちを指定して、一括で日本へ送付してもらうようにします。(一括送付により送料を安く済ませます。)

転送業者には主に次のような業者があります。

それぞれ管理画面を使って転送の手続きをしていきます。MyUSを利用している人が多いようです。

4. 仕入れた商品の登録・納品・出品

商品のコンディション(新品・中古など)や価格、出荷方法などをアマゾンへ登録していきます。

また、商品自体はFBA倉庫へ納品します。FBAへ商品を登録することででは在庫管理などを行うことができます。

最初のうちは自分の家へ納品してもらい、物流の現場作業を行ってみるのもいいでしょう。輸入してから販売、発送などの作業を行うことで、物販業の流れがわかってきます。

5. 購入者への商品発送

販売した商品はFBAに登録することで、すべてアマゾンが行ってくれます。

6. 自分の口座へ入金

販売した金額から手数料などを引かれて、自分の口座へ振り込まれます。

利益の計算などはシミュレーターで行う

アマゾン内にFBA料金シミュレーターがありますので、経費などを考慮した利益の比較・計算などを行うことができます。

月収20万円も遠くはない!

ts_gf1420035352

アマゾン輸入は小さいお子さんがいる主婦の人にとって適した仕事だと思います。外出することなく自宅で完結できるため、空いている時間を有効に使うことができます。

気になるのは収入面ですよね。1日にアマゾン輸入かける時間によってかわりますが、作業に慣れてきて効率を上げていくことで、1日2〜3時間程度の時間で月収が100万円になる人もいます。

自分なりの手順を作り、いかに効率よく行うことができるかが大切です。1週間30時間程度をかければ月収20万円を得ることは難しくありません。

効率よく収入を上げるには、商品選びが大切です。一つの商品にどれだけの利益をかけるのか。仮に利益を一律30%とした場合、手頃な値段のアクセサリーでは、売値1,000円には300円の利益となります。

10,000円といった比較的高価な宝飾品の場合では利益が3,000円。この場合66個以上販売することで、月収20万円以上となるわけです。いくら、気に入った商品があったとしても販売価格が低ければそれだけ、手間と時間がかかることを理解しておかなければいけません。

男性サラリーマンの場合でも、腕時計やカメラ、貴金属などを手掛けることで、1個当たりの単価を上げることができます。同ジャンルの売れる商品を見つけることで、手間を減らし利益を増やすことができます。

必要なスキル

ts_fe070_l

アマゾン輸入に特別に必要なスキルは必要ありませんが、あった方がより便利なスキルをお伝えします。

言語力

アマゾンのシステムを利用するので、英語は特に必要ありませんが、扱う商品によっては、商品名・説明書などが扱い先の言語になっているので、専門的に扱う際には武器になります。

また、仕入れ先とメールのやりとりが発生することもありますので、英語ができる方がスムーズです。とはいえ、ウェブ上には翻訳サイトなどもありますので、あまり心配することはないでしょう。

ただし、輸入ビジネスをやる以上は、積極的に英語などを利用して慣れていくべきだと思います。

PCスキル

ホームページ作成やプログラムの知識は全く必要ありません。

ここで言うPCスキルとは、わからないことを検索するスキルや流行の商品を調べるリサーチの能力と考えてください。この程度のPCスキルがあればアマゾン輸入で稼ぐことは難しくありません。

行動力

スキルとは違いますが、最も必要なことかもしれません。

アマゾン輸入を始めたばかりのうちは、システムに慣れず失敗も多くするかもしれません。そこで、ココロが折れてしまい、あきらめてしまう人を多く見てきました。

また、ある程度稼ぐことができたとして、壁に突き当たることもしばしば。そんな時は、アマゾン輸入で成功している人に質問したり、気になる商品があった場合、メーカーに直接交渉したりと、人に負けない行動力がある人は、収益が伸びていきます。

高く売る方法、コツなど

日本国内で流れるCMの類似商品を探す

日本国内で放送されるテレビCMや雑誌の特集で組まれた商品は一定期間爆発的な売れ行きを見せます。その時に類似商品を探し販売を行うことで、大きな利益を得ることができます。需要がある内に売り切ることが大切です。

季節商品を探し、需要が発生する前に販売する

商品販売には、季節的に売れる商品や年間を通して売れる商品があります。商品を高く売りには、必要とされるときが値段のピークとなるので、売れる時期に合わせ商品仕入れ・販売を行いましょう。

アマゾン輸入のメリット

merit

為替の影響を利用する

円高になると海外商品の輸入がテレビや雑誌などで紹介されるため、ネットユーザーの多くが購入するようになります。そのため、海外の商品を扱うショップやサイトが増える傾向にあり、輸入ビジネスが始めやすくなります。

逆に円安の場合は海外のものが高くなりますので、売りにくい状況になりますが、為替の影響を受けにくいものを商品に加えておくことで安定した経営を目指すことができます。

円高のメリットを活かせるよう、円安のときのリスクを回避できるように準備しておくのです。

初期の資金がほとんどかからない

最初に多くのものを安く仕入れてから販売するといった手法を取らなくても、仕入額と販売額の価格差が確保できる商品を選べば、アマゾンの仕組みを利用することで、1個からでも仕入れて利益を出すことができます。

小さな利益を積み上げていくことで、少しずつ商品の数を拡大していくこともできますし、しだいに大きな仕入れを行うこともできます。自分の資金状況にあったビジネスが可能なのです。

パソコン1台ですべてが完結する

アマゾン輸入はパソコンさえあれば仕事場所を問わず、ビジネスのすべてが完結できる点が大きなメリットです。

輸入業として会社経営している場合、現地まで行って商品を確認することが必要となってきますが、代行サービスなどを利用することで現地まで行くことはおろか、すべての現場作業に携わることなく利益をあげることができるのです。

したがって、大型家具であってもパソコン一つでビジネスができるのです。

アマゾン輸入のデメリット

輸入ビジネスの運営方法にもよりますが、商品在庫を抱えながら運営する場合、在庫を常に意識しなければいけません。

売れると見込んで大量に仕入れた商品の需要が減少してしまえば、在庫をさばくことが難しくなります。多少赤字を出しても売り抜くような価格設定も時には必要になってきます。

アマゾンには販売価格の推移などを表示できるツールも用意されているので、商品の価格、需要などの動向を意識しておく必要があります。

向いている人

アマゾン輸入に向いている人とは一体どのような人なのでしょうか?

輸入ビジネスを含んだ物販ビジネスをシンプルに考えると、「安価に仕入れて高価で売る」。実はこれだけなのです。それでも、結果の出やすい人と、出にくい人に分かれてしまいます。

この違いは、アマゾン輸入に費やす「時間」と「継続力」にかかっています。

アマゾン輸入を始めてからすぐに大きな利益を得ることは難しいかもしれません。商品リサーチ、仕入れ、販売、そしてPDCAを繰り返していくうちに、利益が膨らんでいきます。

「どうしたら利益が得られるのか?」「どうしたら作業を簡素化できるのか?」疑問を常に持ちながらコツコツとアマゾン輸入に取り組んでいくことができる人はアマゾン輸入に向いていると考えます。

アマゾン輸入の注意点

海外アマゾンといっても、全ての国で商品を購入できるとは限りません。また、購入が可能でも日本へ発送を行っていない場合もあるので注意が必要です。

アメリカやカナダ・中国では、購入・発送は可能。また、イギリスやフランス・ドイツ・イタリア・スペインでもほとんどの商品が購入できますが、インドやオーストラリア・ブラジル・メキシコなどでは購入できない・購入はできるが発送ができない場合があるので注意が必要です。

アマゾン輸入をやった人の口コミ

35歳:サラリーマン

平日は忙しいので、休日だけできる副業を探していた時にアマゾン輸入を知りました。最初は利益の出る商品を見つけることができませんでしたが、今では、どの商品が売れるのか判断できるようになったので、稼げるようになってきました。


32歳:専業主婦

副業に費やせる時間は、子どもを幼稚園に送った後の数時間だけ。それでもアマゾン輸入ビジネスなら、月に数万円は稼ぐことができるので、週末は家族でディナーを楽しんでいます。


22歳:学生

アルバイトをしていたのですが、体力が続かず辞めてばかりいました。在宅でできる仕事を探しているときにアマゾンを利用して稼げることを知りました。最初は半信半疑だったのですが、初めて利益が出てきた時は、メッチャうれしかったです。DVDと海外版のゲームを主に扱っていますが、少しずつ種類を増やしていきたいと考えています。


52歳:自営業

以前からebayなどの海外オークションを利用してショッピングをしていました。価格差があれば稼げると思ってはいましたが、労力と手間を考えて転売は行っていませんでした。ところが、アマゾンを利用すると、簡単に海外と国内の価格差がある商品を見つけることができたのです。いまでは、アマゾン一本で転売をして稼いでいます。


60歳:無職

会社を退職してから、海外アマゾンを知りました。学生時代から音楽をやっているので、ギターやアンプといった商品には興味があったんです。特にマニアが好みそうな商品は品薄から価格が高騰します。専門的な知識がいるため私には適したサイドビジネスです。これからも「稼ぐ」商品を探していきたいと思います。

まとめ

アマゾン輸入は販売する側の仕組みが整っているため、始めやすいビジネスであることが分かったと思います。

また、FBAを利用すれば、商品の販売についても時間や労力をかける必要がありません。転売ビジネスをこれから始める人や、輸入ビジネスをやっていて、壁を感じた人は、一度アマゾンを活用して輸入ビジネスを手掛けてはいかがでしょうか?

毎日短時間でも継続することで、商品の動向や利益の出る商品の共通性が理解できるはずです。興味を持ったジャンルが出てくれば、専門性を高め特定の商品の第一人者になることも夢ではありません。


ゴリFPゴリFP

アマゾン輸出について分かったかな?

あきらあきら

うん。アマゾンがしっかりと販売者に対しての準備をしてくれているので、とても始めやすいんだね。

なななな

海外からの商品転送や購入者への商品の発送はアマゾンや業者に任せればいいのね。面倒な作業がないのは嬉しいわね。でも売れる商品を見つけるのが大変そうね。

ゴリFPゴリFP

商品のリサーチは一番重要だね。まずはアマゾンでビジネスをやっているセラーをリサーチして、売れる商品を真似をしてみるといいね。考えるのではなく、リサーチすることが重要だよ。

スポンサーリンク