ゴリFPゴリFP

消費税の軽減税率は外食の際のテイクアウトやイートインがわかりにくいと言われます。
今回はスターバックスやマクドナルドを例にしながら、軽減税率と値段の表示について解説します。

消費税が10%になってもテイクアウトの飲食品は8%のまま

2019年10月に消費税が10%に引き上げられますが、飲食品については軽減税率が適用され、消費税率は8%のまま据え置かれます。

ここで紛らわしいのが、イートインとテイクアウトの違いです。

ファストフード店でのテイクアウトのについては、国税庁が作成したQ&Aに以下のような記載があります。

出典:消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)

これによると、テイクアウトとは「飲食料品を、持ち帰りのための容器に入れ、又は包装を施して行う譲渡」と言うことになります。

そして、テイクアウトするかどうかは、「相手方に意思確認するなどの方法」によって判定するということです。

つまり、買う人がレジでどうするか決めるということです。

こういった確認は今でも行われていますね。

ファストフード店のレジで「店内でお召し上がりになりますか?」と問われ、店内で食べる場合はトレイに乗せられて出てくるし、持ち帰る場合は袋に入れられて提供されます。

今後はこのときの答えによって、消費税も異なるわけです。

もう少し具体的に考えてみたいと思います。

スターバックスではどうなる?

スターバックスでは、以前は店内利用か持ち帰りかの確認をしていたように記憶していますが、現在はしていないような気がします。

飲み物を頼む場合は、店内で飲んでも持ち帰っても、同じ容器で提供するので、テイクアウトの確認はしないのかもしれません。

とはいえ、消費税が10%になると、どちらも同じというわけにはいきません。毎回レジで確認されるようになると思います。

ただ、微妙なケースとして、

  • 店内で飲むつもりで買ったけど混雑していて席がないために持ち帰ったり、
  • 逆に混雑しているので持ち帰るつもりで買ったけど、帰り際に席があいていたので座る

といったことが考えられます。

こういった場合でも、支払った金額を後から変更するのは難しいので、一度テイクアウトにしたら、店内で飲んだとしても追加で消費税を支払うようなことはないと思います。(逆の場合は消費税分は返してくれるかもしれません。)

マクドナルドではどうなる?

マクドナルドはスターバックスと違って、店内で食べるときと、持ち帰るときで、提供のされ方が異なるので、店内とテイクアウトの区別がしやすいと思います。

消費税が10%になる前でも、レジでは必ず、店内か持ち帰りかを聞かれますので、買う側としてはそこでどちらか決めればいいだけで、あまり問題はないように思います。

持ち帰るつもりだったけど、やはり店内で食べたくなった場合はどうするのか?などと言う人もいますが、個人的にはそのような経験はないですし、仮にそうなっても消費税を追加で支払うことはないでしょう。

わざとテイクアウトといって軽減税率を適用してもらい、店内で食べる人もいるのかもしれませんが、違法だと思いますので、そういった行為を繰り返すのはやめた方がいいでしょう。

イートインもテイクアウトも同額にしたらいいのでは?

イートインとテイクアウトが異なる金額だから分かりづらいので、どちらも税込価格を一緒の金額にすることはできないのかと思っていたところ、消費者庁・財務省・経済産業省・中小企業庁が軽減税率の価格の表示について文書を公表していました。

ここにイートインとテイクアウトの価格の違いなどについて、記載されていました。

【参考】消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について (消費者庁・財務省・経済産業省・中小企業庁)

それによると以下の方法での表示が例として掲載されています。

軽減税率実施後の価格表示の方法

  1. テイクアウトと店内価格を両方表示する
  2. テイクアウトと店内価格のどちらか一つの税込価格を表示する
  3. テイクアウトも店内飲食も税込で同じ料金にする

それぞれ特徴があるので、簡単に説明していきます。

1. テイクアウトと店内価格を両方表示する

これが一番オーソドックスな方法だと思います。

出典:消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について (消費者庁・財務省・経済産業省・中小企業庁)

このように、カッコ内にテイクアウトの値段を表示させます。

これなら、テイクアウトと店内飲食がそれぞれの金額がわかりますね。

マクドナルドなどでは、このような方法がいいように思います。

2. テイクアウトと店内価格のどちらか一つの税込価格を表示する

お店によってはテイクアウトがメインで、イートインスペースはかなり狭いといったところもあるでしょう。

この場合は、テイクアウトの値段だけ記載すれば良いようです。

出典:消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について (消費者庁・財務省・経済産業省・中小企業庁)

また、出前のメニューなどは、軽減税率の適用された金額のみを記載して、店内で食べる場合は税率が異なる旨の注意書きをしておくと、確かにわかりやすいと思います。

3. テイクアウトも店内飲食も税込で同じ料金にする

テイクアウトもイートインも同じ金額にするというのが、この方法です。

出典:消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について (消費者庁・財務省・経済産業省・中小企業庁)

商品の価格を変更して税込の金額を同じ値段にするという方法です。この場合は税込の値段を一つ記載します。

例えば、以下のような値段の設定にします。

テイクアウトと店内を同じ価格にする場合の価格の内訳

税込で2000円のものだとすると、以下のようになります。

  • テイクアウト(8%):本体1852円+消費税148円(8%)=2000円
  • 店内飲食(10%):本体1819円+消費税181円(10%)=2000円

お店は販売価格をいくらにしてもいいので、テイクアウトと店内飲食時の値段を変えるわけです。

購入する側としても、テイクアウトと店内が同じ料金なので、テイクアウトといいながら店内で食べるような人もいないと思います。

ただし、お店の方はテイクアウトと店内の飲食を区別しなければなりません。お店はお客さんから預かった消費税を税務署へ納める必要があるので、それぞれきちんと集計しなければならないのです。

レシートに消費税の金額を表示する際には、本体と消費税の内訳も記載することになります。

スターバックスのようにテイクアウトと店内利用の区別がつきにくいお店だと、同一価格にするメリットがあると思います。

買う側としても支払う金額が同じなるので、テイクアウトの方が安いなどと考える必要がありません。

ただ、どちらも同じ価格だと軽減税率の意味がないように感じられ、本来なら2%分が安くなるはずなのにという人が出てくるかもしれません。

お店は価格の表示方法に注意

テイクアウトも店内利用も同じ値段だからといって、両方ともに「軽減税率を適用」などと表示することは、消費税転嫁対策特別措置法、景品表示法により禁止されています。

あくまでも商品の価格を変更しているのであって、消費税率はテイクアウトと店内利用では異なるということです。

なお、お店はどちらの税率で販売したかを集計する必要がありますので、レジではどちらかを確認しなければなりません。

まとめ

軽減税率の実施については、お店側も購入する側も慣れない部分があって最初は少し混乱するかもしれません。

とはいえ、多くの国ではすでに軽減税率を導入しているので、私たちも利用していくうちに慣れていくものだと思います。

多少、馴染みにくい部分もありますが、制度がわかりにくいと文句を言うだけでなく、用意された制度のもとで、きちんと運用していくことを考えるのも必要だと思います。