スポンサーリンク

ゴリFPゴリFP

個人型確定拠出年金(イデコ・ideco)には手数料がかかります。iDeCoは長く続けるものですから、安いほどお得です。ここでは、金融機関ごとの手数料や取扱商品数を比較して、オススメの金融機関をお伝えします!

手数料とは?iDeCoの仕組みを説明します

iDeCoは少し複雑な制度となっていて、大きく3つの機関(図の①〜③)が関わっているため、それぞれに手数料を払う必要があるのです。

機関 主な業務内容
①運営管理機関 iDeCoを取り扱う金融機関
加入手続きや商品の定時
②国民年金基金連合会 iDeCoの実施主体
③事務委託先金融機関 積立金の管理や給付金の支払い

運営管理機関は、申し込みをしたり、運用商品を提示してくれるところで、加入者が一番関わるところです。銀行や証券会社、保険会社などがあります。

国民年金基金連合会は、確定拠出年金自体を実施しています。加入時の最終審査なども行っています。

国民年金基金連合会が積立金管理や給付金の支払い事務を委託しているのが、事務委託先金融機関です。

この3箇所それぞれに手数料を支払う必要があります。

手数料とその金額は以下のようになります。

手数料の支払先 加入時の手数料 年間手数料(月額×12)
運営管理機関 0〜1,000円程度 0〜4,000円程度
国民年金基金連合会 2,777円 1,236円
事務委託先金融機関 768円

※掛け金の拠出状況などにより、多少異なる場合があります。

運営管理機関の手数料は銀行や証券会社などが独自に決めるため、差があります。

加入時の手数料

加入時に必ず支払うのが国民年金基金連合会に対する手数料の2,777円です。

そして、運営管理機関に対しても手数料を支払うのですが、こちらは多くの金融機関で無料としています。

毎月の手数料

毎月の掛け金から徴収されます。

これは口座管理にかかる手数料で、運営管理機関、国民年金基金連合会、事務委託先金融機関に支払うものです。

ただし、運営管理機関の手数料については金融機関ごと決められるため、幅があります。

運営管理機関の変更や給付の時にも手数料がかかる

上記2つの他に、何か手続きをしたときに、その都度発生する手数料があります。(この手数料はほとんど差がないので、金融機関を選ぶ際には考慮しなくていいでしょう。)

例えば、最初は銀行を運営管理機関として、iDeCoを始めたけれど、どうしても加入したい投資信託があり、証券会社に変更したいなどと思った時には手数料が発生します(4,320円)。

また、60歳をすぎて給付を受ける場合、給付を受けるごとに432円かかります。

その他にも拠出した金額を還付する場合などに手数料がかかってきます。

運営管理機関の選び方

iDeCoを始める際に、最初にやるのが運営管理機関を選ぶことです。

運営管理機関は、証券会社、銀行、保険会社などおよそ200もの金融機関があります。

普段、銀行や証券会社などと取引があるひとは、そこを選んでもいいのですが、これから60歳になるまでお付き合いを続ける必要がありますので、途中で変更する必要がないようにしておきたいところです。(途中で変更することもできますが、手続きが必要です。)

金融機関(運営管理機関)を選ぶ2つのポイント

  • 手数料
  • 取扱商品

手数料について

前述のとおり、手数料には加入時、毎月、その都度かかるものがあります。

特に毎月かかる手数料については、年間で0円〜3,000円とかなり開きがあります。10年で3万円もの差がでますので無視できないところです。

掛け金残高が増えると手数料が安くなるところもありますので、自営業で掛け金額が早く積み上がる人であれば、そういった金融機関も選択肢になるでしょう。

毎月の手数料はネット証券を中心に0円のところが多くなっています。

取扱商品について

取扱商品の数は各社バラバラです。

商品数が多いのは証券会社や保険会社になります。自社で運用している投資信託もありますし、専門に業務を行っていますので、強みがあります。

一方で、銀行系は元本保証型や運用委託報酬が少ないインデックス投信を中心に商品を揃えているところが多くあります。

多くの商品を扱っていても選べないという人もいるでしょうし、自分の投資スタイルなども考えながら、運営管理機関を選ぶといいかもしれません。

2018年5月以降は取扱商品は35本が上限に

なお、法改正により取扱商品の上限が35本になりました。

これは、商品数が多いと加入者が商品を選ぶのが難しくなるということへの配慮のようです。

ただし2018年5月時点で商品数が35本よりも多い場合は、5年間はその時点の商品数が上限になるので、現時点で35本より多くの商品を扱っている証券会社は、当面現状の商品を維持していきながら、35本へ絞り込んでいくと思われます。

主な金融機関・証券会社の手数料と取り扱い商品の比較

iDeCoにかかる主な金融機関ごとの手数料と取り扱い商品の本数は以下のようになります。

運営管理機関 年間
手数料
投資信託
商品数
元本保証
商品数
加入時
手数料
SBI証券 無料 63本 4本 無料
楽天証券 無料 30本 1本 無料
マネックス証券 無料 21本 1本 無料
大和証券 無料 15本 1本 無料
野村証券 2,436円〜
3,396円
19本 1本 無料
岡三証券 2,460円 41本 7本 無料
日本生命 3,756円 22本 2本 無料
松井証券 無料 11本 1本 無料
第一生命 0〜3,780円 23本 1本 無料
三菱UFJ銀行 3,060円 17本 7本 無料
みずほ銀行 0〜3,060円 14本 1本 無料
三井住友銀行 3,060円 14本 2本 無料
イオン銀行 無料 23本 1本 無料

※2018年5月8日のHPに掲載されている内容

おすすめの金融機関

当サイトでおすすめの運営管理機関をご紹介します。迷っている人は参考にしてください。なお、内容は2018年5月時点のものとなります。

「SBI証券」はダントツの商品数!

ネット証券でおなじみのSBI証券です。

ネット証券としても人気が高いのですが、確定拠出年金でも手数料の安さと取扱商品の数ではダントツで、高い人気となっています。

そして、投資信託でとても人気のあるレオスキャピタル・ワークスの「ひふみ年金」を扱っています。

レオスキャピタル・ワークスでは「ひふみ投信」「ひふみプラス」「ひふみ年金」を取り扱っていますが、同じマザーファンドであり投資銘柄は同じです。

「ひふみ年金」確定拠出年金用のもので、2018年1月現在取り扱っているのが、8社(イオン銀行、SBI証券、百五銀行、福岡銀行、北陸銀行、住友生命、損保ジャパン日本興亜、東海東京証券)となっています。

また、SBI証券で扱っている商品は、3年間の騰落率では、ほとんどの商品でプラスになっているので、選び間違えが少ないと言えるでしょう。

SBI証券で取り扱っているもので、主な人気の商品を以下に紹介します。

人気のある商品

国内株式

ファンド名 信託報酬(税込)
レオス-ひふみ年金 0.8208%
SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金> 1.62%
三井住友-三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 0.1728%

外国株式

ファンド名 信託報酬(税込)
ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス 0.20412%
大和-iFree NYダウ・インデックス 0.243%
SBI-EXE-i新興国株式ファンド 0.3794%

バランス

ファンド名 信託報酬(税込)
大和-iFree 8資産バランス 0.2376%
日興-DCインデックスバランス(株式60) 0.2052%
日興-DCインデックスバランス(株式80) 0.216%

信託報酬の安い商品

国内株式

ファンド名 信託報酬(税込)
三井住友-三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 0.1728%
ニッセイ-DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.18252%
SBI-SBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金> 0.2592%

国内REIT

ファンド名 信託報酬(税込)
ニッセイ-DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 0.27%
ニッセイ-DCニッセイJ-REITインデックスファンド 0.594%
One-MHAM J-REITアクティブファンド(DC年金) 1.08%

外国株式

ファンド名 信託報酬(税込)
ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス 0.20412%
大和-iFree NYダウ・インデックス 0.243%
日興-インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用) 0.3024%

バランス

ファンド名 信託報酬(税込)
日興-DCインデックスバランス(株式20) 0.1836%
日興-DCインデックスバランス(株式40) 0.1944%
日興-DCインデックスバランス(株式60) 0.2052%

元本確保型(定期預金)

商品名 適用利率
保証利率
備考
あおぞらDC定期(1年) 0.02% 2018年4月2日現在
スルガ確定拠出年金スーパー定期(1年) 0.01% 2018年3月31日現在
スミセイの積立年金(5年) 0.005% 2018年4月現在
第一のすみたて年金(5年) 0.05% 2018年4月現在

→ SBI証券のHPはこちら

楽天証券

こちらも大手のネット証券で手数料が安いとともに、商品数もかなり多くなっています。

楽天証券はバランス型やインデックス型を中心に取り揃えていることから、商品も選びやすいと思います。

また、証券口座を開設すれば投資信託や株取引に使えるマーケットスピードというアプリを使えます。このアプリはトレーダーの中でも使っている人が多く、通常の取引にも興味があるという人はいいと思います。

信託報酬が安く人気の商品

国内株式

ファンド名 信託報酬(税込)
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 0.1728%
たわらノーロード日経225 0.1836%
iTrust日本株式 0.9612%

国内REIT

ファンド名 信託報酬(税込)
三井住友・DC日本リートインデックスファンド 0.2808%
野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) 1.0260%

海外株式

ファンド名 信託報酬(税込)
たわらノーロード 先進国株式 0.2160%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.5940%
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) 1.4364%



→ 楽天証券の個人型確定拠出年金はこちらです

まとめ

iDeCoの手数料を中心に、おすすめの証券会社をご紹介してきました。

数ある運営管理機関から自分にあった金融機関を見つけるのは大変だと思います。

中でも手数料と投資銘柄の数は選ぶ上では、重要なポイントだと思います。老後のために今からしっかりと備えておきましょう。

スポンサーリンク