スポンサーリンク

AFP取得のための提案書とは?

FP2級を取得した人やこれから取得する人で、AFPまで取得したい人は多いのではないでしょうか。

AFPは国家検定ではなく、日本FP協会が認定する独自の資格ですが、ファイナンシャルプランナーとしては取得しておきたいところです。

AFPの取得には認定研修が必要

AFPの資格はFP2級取得とAFP認定研修の修了で取得できます。

認定研修を修了するためには課題に応じた提案書を教育期間に提出して、6割以上の得点を取る必要があります。

そして、効率よく取得するためには、以下の点が重要だと思います。

  • 課題の内容が簡単であること
  • 教育機関の料金が安いこと

この2点について、以下に説明したいと思います。

なお、記事の最後に、私の作成した合格の提案書も掲載していますので参考にしてください。

AFPを取得するには教育機関を選んで提案書を提出する

認定研修は、日本FP協会が指定している教育機関で受講しなければなりません。

その教育機関が課題を出しますので、こちらはその課題に対して解答(提案書)を作成して提出します。

すると、その教育機関が採点をしてくれますので、合格であれば、その内容が日本FP協会へ通知され、手続きを踏むことでAFPとして認定されることになります。

つまり、まずは教育機関を選ぶことから始めます。(FP2級の合格前であれば、FP2級とAFPがセットになった講座もあります。)

教育機関の選び方ですが、私は値段やネットの評判から「資格対策ドットコム(アーティス)」の講座を受講しました。

日本FP協会のHPでAFP認定研修を行なっている教育機関を検索できるのですが、検索結果を金額の安い順に並べると、私の受講したアーティスがすぐに出てきます。

アーティスの場合は以下の値段設定になっています。(2018年現在)

  • FP2級+AFP認定研修・・・21,600円(税込)
  • AFP認定研修・・・8,640円(税込)

この金額で行なっている教育機関は他にもありますが、いずれにしても最安値の水準です。

検索はこちらのページでできます。

値段が安い理由は、ネットでのE-ラーニングのみで、オンラインや通学の講座がないからだと思います。

AFPの勉強範囲を網羅的にしっかりと勉強したい人は、オンラインや通学の講座がある教育機関を選んだ方がいいと思いますが、「とにかく資格取得が目標!」という人には講座は必要ないと思います。

【参考】FP2級技能士 AFP認定研修(基本課程)資格対策ドットコム

【参考】AFP認定研修(技能士課程)資格対策ドットコム

アーティスの課題は比較的やさしい

資格対策ドットコム(アーティス)の場合、課題があまり難しくないと言われています。

課題の内容は教育機関によって異なるようで、簡単なものと難しいものがあるようです。

私自身は他の教育機関で認定研修を受けたことがないので、比較できないのですが、ダメなら何回でも提出できますので、とりあえず提出したところ1回で合格できました。

提案書はどうやって作成する?

課題は、退職後の資産や収入の状況を把握して、改善案を提示するといったものになり、こちらはその提案書を作成します。

提案書作成の手順は以下のとおりです。

  1. キャッシュフロー表の作成
  2. キャッシュフロー改善の提案を考える
  3. 提案書を作成する

まずは現状のキャッシュフローを作成するのですが、最初の時点では先々の預金がマイナスになり、生活ができなくなっていたりします。

そのマイナスのキャッシュフローをプラスにしてしっかりと生活できる内容の提案をして、キャッシュフローを作り直すといった作業をするわけです。

キャッシュフローの作成はFP2級の実技試験に出てくる問題に近いものですので、丁寧に作成していけば問題なく完成できると思います。住宅ローンの借り換えなどもあり、面倒な部分もありますが、テキストやネットを利用して調べながらやれば難しいものではありません。

そして、改善案を考えるわけですが、深く考える必要はありません。

例えば、妻が働いていないなら、「何年から月に10万円ずつ働く」ことにするとか、そういうことです。また、生命保険の見直しもオーソドックスですが、支出を抑える上では効果のある改善案となります。

提案書については、日本FP協会のHPに提案書のサンプルが紹介されています。

AFP提案書サンプル(日本FP協会)

この内容を見ると、提案書の書き方や、改善案はどの程度のものを考慮すればよいかがわかります。

ただし、このサンプルはかなりハイレベルの解答だと思いますので、サンプルを参考にしつつまずは自分ができる範囲のものを作成して、提出してみましょう。

6割で合格ですから、あまり難しく考える必要はないと思います。

サンプルの内容はうまく参考にして使うのがいいと思います。ただし、丸パクリにならないように気をつけてください。

私の提案書はこちらです

私の作成した提案書も掲載したいと思います。

日本FP協会のサンプルと比較すると、かなり見劣りするものだと思います。この解答でもしっかりと合格できましたので、参考にしてください。

なお、私の作成して提案書につきましては、この解答を参考にして合格できなかったとしても、こちらとしては責任は追えませんので、ご自身の責任の範囲で、あくまでも参考としてご利用ください。また、二次利用なども禁止としますので、ご自身の勉強のためにのみご利用ください。

提案書はこちら

キャッシュフロー表はこちら

まとめ

AFP認定研修について、教育機関や提案書の作り方などをご紹介してきました。

面倒ではありますが、土日などを利用して一気に仕上げてしまった方がいいと思います。

AFPを取得すれば、次の段階としてCFPやFP1級などを受けることができますので、いろいろと広がっていいくので楽しみですね。

スポンサーリンク