ゴリFPゴリFP

ふるさと納税をしようと思っていたけど年末になってしまった・・・
ふるさと納税をしたいけど、食べ物がたくさん送られてきても食べきれない・・
そんな人にはポイント制がぴったりです。今回はふるさと納税のポイント制について説明します。

ポイント制とは

ポイント制とは、ふるさと納税をして返礼品として、現物の品物をもらうのではなくポイントをもらうということです。

そして、好きな時にポイントと品物や食事、旅行などと交換することができるのです。

これまでは、ふるさと納税をするとすぐに返礼品が送られてきましたが、自分のタイミングで返礼品を受け取ることができるのです。

例えば・・・

  • 来年のお中元に使いたい
  • 来年の両親の誕生日プレゼントに使いたい
  • 来年のクリスマスに使いたい

このように、今年のふるさと納税を来年のイベントに使うことができるのです。

ポイント制のふるさと納税は年末にまとめてやるべき!

メリットの図

ポイント制の最大のメリットは、年末にまとめてできるという点です。

年末にポイント制のふるさと納税をするメリット

  1. 年末ならふるさと納税がの限度額を正確に把握できる。
  2. 一度に大きな額を使える。
  3. 年末なら所得税の還付まで1か月から2か月程度

ひとつずつ理由を説明していきます。

1. 年末ならふるさと納税がの限度額を正確に把握できる。

ふるさと納税は「今年寄付した額を、来年の税金から控除する」制度です。

したがって、ふるさと納税の限度額は来年の税金がいくらであるかによります。

来年の税金は今年の収入で決まりますので、年の途中では来年の税金は不確定です。

例えば、家を買って住宅ローンを組んだ人は、住宅ローン減税がありますので、翌年の所得税や住民税が安くなる可能性あります。

また、急に入院して医療費が多くかかって、医療費控除をした人も同じです。

ふるさと納税の限度額はおよそ住民税の2割となりますので、このように所得税や住民税が少なくなると、ふるさと納税の額も少なくなってしまいます。

年末であれば、こういった年内の急な出来事もなく、住民税を適正に見積もることができますので、ふるさと納税の限度額が正確になります。

こちらが総務省が掲載している、ふるさと納税の限度額目安表になります。

年収 家族構成
独身 夫婦または共働き+子(高校生) 共働き+子(大学生) 夫婦+子(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円 28,000円 19,000円 15,000円 11,000円 7,000円
400万円 42,000円 33,000円 29,000円 25,000円 21,000円 12,000円
500万円 61,000円 49,000円 44,000円 40,000円 36,000円 28,000円
600万円 77,000円 69,000円 66,000円 60,000円 57,000円 43,000円
700万円 108,000円 86,000円 83,000円 78,000円 75,000円 66,000円
800万円 129,000円 120,000円 116,000円 110,000円 107,000円 85,000円
900万円 151,000円 141,000円 138,000円 132,000円 128,000円 119,000円
1000万円 176,000円 166,000円 163,000円 157,000円 153,000円 144,000円
1100万円 213,000円 194,000円 191,000円 185,000円 181,000円 172,000円
1200万円 242,000円 232,000円 229,000円 222,000円 219,000円 200,000円
1300万円 271,000円 261,000円 258,000円 252,000円 248,000円 238,000円
1400万円 355,000円 343,000円 339,000円 331,000円 277,000円 267,000円
1500万円 389,000円 377,000円 373,000円 366,000円 361,000円 350,000円
1600万円 424,000円 412,000円 408,000円 400,000円 396,000円 384,000円
1700万円 458,000円 446,000円 442,000円 435,000円 430,000円 419,000円
1800万円 493,000円 481,000円 477,000円 469,000円 465,000円 453,000円
1900万円 528,000円 516,000円 512,000円 505,000円 500,000円 489,000円
2000万円 564,000円 552,000円 548,000円 540,000円 536,000円 524,000円
2100万円 599,000円 587,000円 583,000円 576,000円 571,000円 560,000円
2200万円 635,000円 623,000円 619,000円 611,000円 607,000円 595,000円
2300万円 767,000円 754,000円 749,000円 741,000円 642,000円 631,000円
2400万円 808,000円 795,000円 790,000円 781,000円 776,000円 763,000円
2500万円 849,000円 835,000円 830,000円 822,000円 817,000円 804,000円

総務省HPから抜粋。当サイトで一部改変

自分の収入と照らしてみましょう。

住宅ローンがある人や医療費控除がある人は、以下の関連記事をご覧ください。

2. ポイントなら一度に大きな額をふるさと納税できる。

これまでは、ふるさと納税をすると返礼品がすぐに送られてきため、特に食べ物の場合は年末にまとめてというのは難しかったのです。

ポイントであれば、翌年以降に好きな時に使えるので、一度のふるさと納税することができるのです。

市町村のポイントのルールにもよりますが、ポイントの期限が長ければ、毎年のふるさと納税のポイントを貯めて、一度にたくさんのポイントを使うことだってできるのです。

年末なら所得税の還付まで1か月から2か月程度

ふるさと納税で寄付した金額は、翌年の税金で還付されたり控除されたりしますので、それまでは一時的な負担があります。

年末であれば税金が控除されるまでの期間が短いので、一時的な負担感も少なくなります。

所得税の還付であれば、早ければ1月中戻ってくることもあります。

住民税については、サラリーマンの場合は、6月以降の毎月の給与天引きの額が少なくなりますので、少し期間がありますが、それでも半年ほどで住民税が安くなったことを実感できるのです。

ポイント制の注意点

注意点の図

ポイントは寄付先の自治体のみで使用できる

様々な自治体がポイント制のふるさと納税を扱っていますが、ポイントは寄付先の自治体でしか使えません。

共通のポイントというものはありませんので、注意してください。

ポイントの価値が自治体

ポイントは自治体ごとに価値が異なります。

例えば、以下のようなポイントがあったとします。

  • A市・・1万円の寄付で3000ポイント
  • B市・・1万円の寄付で6000ポイント

ポイントの交換が以下のような場合・・・

  • A市・・3000ポイントでA5ランクの牛肉3kg
  • B市・・6000ポイントでA5ランクの牛肉1kg

結局は以下のようになります。

  • A市・・1万円でA5ランクの牛肉3kg
  • B市・・1万円でA5ランクの牛肉1kg

ポイントの価値はそれぞれですので、最終的に寄付した金額と返礼品を比較してみることが大切です。

有効期限も自治体ごと

ポイントの有効期限も自治体ごとに異なります。

全般的に、短いと1年、長いと無期限となります。

これも長いから良いというものではなく、自分がほしい返礼品があるのか、いつ頃に返礼品がほしいのかなどを考えてみるといいでしょう。

あとでカタログから返礼品を選べる「ふるぽ」

ポイント制を行なっている自治体を掲載しているのが「ふるぽ」になります。

ふるぽでポイントのふるさと納税を行うと、寄付先の自治体からカタログが送付されてきます。

そのカタログをみて、後日、商品をお願いすればいいのです。

カタログ通販と同様に返礼品を選ぶことができるのです。

→ ふるぽはこちらからどうぞ

ふるなびのポイントはかなりすごい!

ふるさと納税のポイントで、もっとも
革新的な扱いをしているのが「ふるなび」です。

これはすごい!と思ったので、おすすめしておきます!

通常のポイントは上記のとおり、返礼品のカタログを送付してあとでカタログから選ぶということなのですが、ふるなびではポイントの使い方が異なります。

しかも、ふるなびポイントにクレジットカードでふるさと納税した場合、寄付金額の10%分のアマゾンギフト券がプレゼントされます。(2017年12月31日23時59分まで 詳しくはこちら)

ふるなびグルメポイント

ふるなびポイント

ふるなびのグルメポイントとは、例えば三重県明和町に寄付をしてポイントをもらった場合、特産品の松阪牛を提供する、東京や大阪の提携レストランで食事ができるというものです。

特に以下の点は嬉しい点です。

グルメポイントのメリット

  • ポイントの有効期限がない
  • ポイントはすぐに発行してくれる
  • クレジットカード払いなら12月31日23時59分の決済完了までOK
  • 1ポイント=1円なのでわかりやすい
  • 提携しているお店が100店舗を超えている!
  • 地方にふるさと納税しても東京・大阪などのレストランでポイントが使える

中でも「ポイントに有効期限がない」ことや、「東京のお店でも使える」という点は、他にはないものです。

ふるさと納税でもらったポイントを使って、美味しいお肉を都内のレストランで食べることができるのです。

しかも期限がないので、好きな時にお店に行けばいいわけです。

自己負担2,000円で6,000円分からポイントがもらえる

詳しくはふるなびのサイトで確認していただきたいのですが、ふるさと納税は20,000円からで、ポイントは6,000ポイント(1ポイント=1円)からつきます。

20,000円で6,000ポイントでは少ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、これは総務省の通達に基づくもので、最大の返礼額になります。

返礼品として3割を超える返礼割合のものを送付している地方団体においては、速やかに3割以下とすること。
引用元:ふるさと納税に係る返礼品の送付等について(平成29年4月1日総税市第28号各都道府県知事宛て総務大臣通知

2万円の寄付で3割分の6000ポイントがもらえるのであれば、実際の自己負担は2,000円ですから、最低でも4,000円のプラスになっています。

年収500万円で独身の人は、およそ61,000円までふるさと納税ができますので、例えば60,000円をふるさと納税した場合、18,000円分のポイントがもらえることになります。

ふるさと納税をした60,000円のうち58,000円は税金から控除されますので、2,000円の負担で18,000円が手に入ったことになります。

グルメポイントがもらえる自治体とは・・・

自治体と提携したレストランの中には、ミシュランガイドで星を獲得しているお店や、食べログなどのグルメサイトで高得点となっているお店も含まれています。

平成29年12月7日時点では、以下の4つの自治体が掲載されていますが、今後も増えていくようです。

三重県明和町

出典:ふるなび

主に松阪牛や伊勢海老を返礼品としている自治体で、もともと人気があります。

提携のレストランで松阪牛の限定コースなどを食べることができます。

東京、大阪、名古屋などの30以上のレストランが提携していて、食べログなどのグルメサイトで高評価を得ているレストランも多数あります。

茨城県古河市

出典:ふるなび

古河市では常陸牛を提供しているお店と提携しています。

こちらでも過去のミシュランガイドで星を獲得したシェフがいるお店もあり、こだわりのお店が揃っています。

山口県山口市

出典:ふるなび

山口市と提携しているレストランは70近くもあり、食べ物もお肉を始め、ふぐや魚介類、そばなどのお店も含まれています。

中にはミシュランガイドで星を獲得しているお店もあります。

岐阜県池田町

飛騨牛を中心として多くの返礼品がある池田町です。

池田町へのふるさと納税では、飛騨牛を扱う都内や大阪、名古屋の15ほどのレストランで使えるポイントがもらえます。

ふるなびのトラベルポイント

トラベルポイント

ふるなびで扱っているポイントはグルメポイントだけではありません。旅行のポイントもあるんです。

ふるなびと日本旅行が行っているもので、寄付先の自治体にあるホテルや温泉旅館に宿泊することができます。

電話連絡で予約・確認ができますので、実際に旅行の予約をしている感覚で気軽にできるのが嬉しい点です。

トラベルポイントも無期限で使うことができますので、旅行したいと思ったときに使えばいいのです。ご両親へ旅行のプレゼントをするというのもいいかもしれません。

トラベルポイントを使える市町村や宿泊場所

ふるなびトラベルでポイントを使えるのが、京都府亀岡市、山梨県富士河口湖町、同じく富士吉田市、山口県山口市を始め、観光名所が所在する市町村が多くあります。

しかも、1泊30,000円ほどの宿泊でさえふるさと納税なら自己負担は2,000円ですから、こんなにうれしいことはありませんよね。

多くの宿泊地がありますが、ここでは代表的なものをご紹介いたします。

山梨県富士河口湖町

こちらは富士河口湖町にある「風のテラスKUKUNA」になります。24,000ポイントからの宿泊が可能です。

出典:ふるなび

この他にも素晴らしい温泉や旅館が揃っています。

京都府亀岡市

こちらは亀岡市にある松園壮になります。19,000ポイントからの宿泊が可能となります。

出典:ふるなび

この他にも各市町村で多くの宿泊先がありますので、一度、ふるなびのホームページをゆっくりと眺めてみるといいと思います。

さいごに

ふるさと納税のポイント制について、まとめてみました。

通常のふるさと納税よりも格段に使いやすいポイントです。

うまく使うことで、自己負担2,000円でとてもお得なポイントがもらえます。

特にふるなびのポイントは一見に値すると思いますので、ぜひ一度みてください。